フィラリア予防薬としてのネクスガードスペクトラの効果を解説


フィラリア症の予防について

蚊

犬にとって恐ろしい病気のひとつで知名度の高い「フィラリア症」があります。蚊の吸血行為でフィラリアに感染した犬はすぐに自覚症状が現れず、気づいた時には手の施しようがない事態になってしまうのが特徴です。この病気が予防できる薬も発売されてはいますが、フィラリアの認知度はさほど高くなく、多くの飼い主に予防を行うよう呼びかけています。

予防薬の投与

えさを食べる犬

薬の役割として感染を予防するのはもちろんですが、皮膚や筋肉内を移動する幼虫の駆除を行い、血管や心臓への移動を防ぐ役割を果たします。

投与するタイミングは、暖かい季節になると活発化する蚊の活動が行われる時期。活動を始めて1ヶ月後に投与を行い、体内に潜入した幼虫を駆逐します。ただし、投薬した翌日以降に侵入してきたフィラリアの幼虫には薬が効かないため、再び1ヶ月後に投薬を行います。地域によって活動する時期は異なりますが、蚊の行動がストップする1ヶ月後まで毎月1回薬を与えます。

そして最後に投与するタイミングが大変重要で、うっかり忘れてしまうと最後の投与後に侵入した幼虫が翌年まで体内に居座ることとなり、気づかずに成長し続けることでフィラリアが成虫となり犬の体を蝕むことになります。感染した場合、半年以上経たないと感染状況が確認できないことから、薬の投与は最後まで確実に行わなければなりません。最後の投薬を忘れてしまった時は、ただちに獣医と相談し指示を仰ぎましょう。また、月1回の投与を忘れてしまった場合も相談をするようにしましょう。

投薬時期を忘れず最後まで欠かさず行う対策として、薬を与えた日付は携帯のメモ機能、もしくはカレンダーに印をつけるようにするといいでしょう。月1回必ず行うことで、愛犬たちを恐ろしい病気から守ることができます。フィラリア薬としてオススメなのが、おやつ感覚で投与できるチュアブルタイプのネクスガードスペクトラ。使い方も簡単で、大切な愛犬にかかる負担を大幅に軽減することができます。

フィラリア症の検査

検査を受ける犬

フィラリア予防薬の投与をいきなり開始してはいけません。投与の前に必ず動物病院を受診し、フィラリアの検査を受けましょう。犬の体内に成長したフィラリアがいる状態で投与するとアレルギーやショック症状を発症するほか、死骸が血管に詰まってしまい最悪の場合として死を招く可能性があります。フィラリアは初期症状がハッキリしない点もあることから検査は必須であることを覚えておきましょう。

検査方法は、血液検査や専用の検査キットを用いて、血液中に犬フィラリア抗原の有無を調べることで簡単に感染状況がわかります。毎年欠かさず予防を行っていても投与を開始する時は感染の有無を確かめていると安心安全です。

病院or通販
通販の利用方法
体験談